記事の詳細

Sponsored Link

内定先へのお礼状を手書きで準備完了!
あれ?封筒はどうしたらいいんだろう?

宛名書きや入れ方がわからない。

そんなあなたに必見の内定先へのお礼状の封筒の宛名や入れ方のポイントを紹介します。

失敗しない3つのポイント

封筒の種類

お礼状の他に内定先への提出書類がある場合はそれも合わせて入る封筒を選びます。

内定通知と同封されているケースもあるので、

元々書類が三つ折り又は四つ折りで届いた場合は、
お礼状もそのサイズに合わせて折り、入る封筒封筒を選びます。

クリアファイルなどに書類が入って届いたものを記入して同封する場合は、
そのまま折らずに入る封筒を選びましょう。

色は、白が望ましいですが、茶封筒でも可能です。
あまりにペラペラな薄い紙の素材は避けましょう。

白・茶封筒以外の色のついたものや、柄物、
また洋封筒(レターセットについているような形状のもの)は不向きですので避けましょう。

提出書類に返信用封筒が同封されていた場合はそれに、書類と礼状を同封しても大丈夫です。
返信用封筒を利用しましょう。

同封する書類がない場合(お礼状のみ)は、白の和封筒を使いましょう。

宛名の書き方

宛名は、縦書きに書きましょう。

右側から、住所を書き、真ん中に大きく、企業名、部署、役職、名前などを書きます。

会社名がや部署、役職が最後にきた場合は、その下に「御中」をつけ、
名前が最後にきた場合「」をつけます。

○○株式会社 御中 ○○課○○様 と御中と様を両方につける人を稀に見かけますが、

両方はいりません!
片方だけでいいので、
最後に何がきたか(企業名か個人名か)に、合わせて「御中」か「様」をつけましょう。

返信用封筒に同封する場合は、○○株式会社○○担当行 となっている場合が多いです。

「行」に斜めに斜線を2本入れて、
その下または横の余白部分に、「御中」や「様」と書き直しましょう。

自分の名前は裏に書きます。
記入は左半分が基本です。

左上に小さめに日付を。
左半分に、バランスよく、住所・大学名・名前などを記入します。

Sponsored Link

封筒へ入れ方

中身は、全て同じ向きになるように揃えます。
折らずに入れる場合は、表面と、封筒の表面が揃うようにいれましょう。

折って入れる場合は、3つ折の場合は、
まず、下から上に向かって、下1/3を折あげます。
その上に、上1/3を折ってのせます。

便箋の右上が封筒の裏側上にくるように、入れます。

4つ折の場合は、
まず、下から上に1/2になるように折あげ、それをまた下から上へ半分に折あげます。

こちらも、便箋右上が封筒裏側上にくるように入れます。

全てを封筒に入れ、のりで封をします。
(セロハンテープはやめましょう)

〆の字を書き、封をしてください。

最後に切手を貼りましょう。
中身は82円の範囲内でしょうか?

便箋と封筒だけなら82円の範囲内のケースが殆どです。
中身に書類などを沢山同封した場合は確認しましょう。

また、書類を折らずに入れる封筒は、120円以上の切手を貼らなくてはいけません。
切手の不足で、戻ってきてしまい、同封した書類が期限内の届かない!なんてことは避けたいですね。

心配な場合は、重さを量りで図ったり、郵便局の窓口で確認してもらうと安心です。

最後に

いかがでしたか?お礼状の封筒への封入は失敗なくできそうでしょうか?

内定のお礼状を便箋に書くところから、封筒に入れ封をするまで、気が抜けませんね。

慣れない作業ばかりでしょうが、社会人になれば、
手書きでお手紙を書く機会は少なくても、封筒に入れ、宛名を書き封をする場面が増えると思います。

その練習もかねて、お礼状を書いてみましょう。
社会人への第一歩ですね。おめでとうございます。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る