記事の詳細

Sponsored Link

エントリーシートでも履歴書でも、
必ず必要なのが証明写真!!

どうやって写したらいいの?
そして、その写真の送付方法は?

今回は、エントリーシートの写真の髪型から服装までをご紹介します。

男性の写真の時の髪型は?

髪型はさわやかに見えること!
色は黒髪が良いです。

前髪は目がしっかりみえるように、
横紙は耳が見えることが基本です。
セットの時には、ワックスのつけすぎに注意です。

目にかかる程の長めの前髪を流してセットする人も見かけますが、
就活にはふさわしくないです。

内定が出るまでの辛抱です。

お洒落は少し我慢して、
短めの前髪を心掛けましょう。


参考URL:http://www.beauty-box.jp/style/business/bel290/

 

それと、「眉」を調えましょう。

男性は「眉」が表情を決めます。
髪型と同じくらい気を使いましょう。

ぼさぼさ!や眉間まで眉毛が・・・、
なんてことのないようにしましょう。

しかし!調えすぎはダメです!
細すぎる眉や、鋭角過ぎる眉はやめてください。

自然に整った眉が良いです。

自分で調える自信がない!という人は、
理容室や髪型から眉までプロデュースしてくれる
フォトスタジオで写真を撮影しましょう。

眉のお手入れはセルフで頑張ります!という人は、
就活の面接で男性(メンズ)の眉毛の太さや色はどうするべき?】の記事も読んでみて下さいね。

Sponsored Link

女性の写真の時の髪型は?

女性のエントリーシート用の写真は、
清楚な印象を感じる髪型でさつえいしましょう。

巻き髪・明るすぎる茶髪はNGです。

トーン11までなど暗黙のルールに従い、
茶髪にするなら焦げ茶にしてください。

長い髪の人はすっきり見えるように束ね、
前髪が目にかかるようなら、
斜めに流し顔をしっかりと出してください。

髪型のお手本は、CAさんを見るとよいでしょう。

 

就活に必要なのは「モテ髪」ではありません。
「清楚さ」を求められることを忘れずに!

男性同様「耳」を出しましょう。

ショートやボブの人も耳に掛け、
顔全体がすっきりと見えるように心掛けてくださいね。

メイクはどうしたらいいの?
と、気になる方は…

就活の面接メイク!内定を勝ち取るアイシャドウの方法
就活の面接メイク!口紅の選び方!おすすめの色は?

の記事を参考にしてくださいね。

極端過ぎるチーク、
少し前から注目されている赤リップはNGですよ!

服装は?(私服?スーツ?)

服装は必ずスーツにしましょう。

スーツの色は男女とともに、
ブラック・チャコールグレー・紺が望ましいです。

インナーは希望業種を選ばない白いシャツがいいでしょう。
男性はネクタイを忘れずに。

ピアスなどの写る装飾品は外してください。

 

私服で自分らしさを出したい!という人もいるでしょう。
自分らしさは服装ではなく、

エントリーシートや履歴書のエピソードや文章で
面接でのスピーチや立ち振る舞いで、
自分らしさを出してください。

服装や髪型で自分らしさを出しても、
「良い」とプラスで評価されることは少ないです。

ポイントは?

【さわやか】【清楚】【明るい】見えるか!
をポイントにしてください。

美人である!やイケメンである!というのは、
絶対有利な条件ではありません。

 

真顔が恐い!という人は、
口を開けずに気持ち微笑む感じで取ると良いですよ。
(口角を上げる感じで)

 

小顔にみせる必要はないので、
あごの引きすぎに注意しましょう。

やりすぎると恐い表情になります。

写真のデータサイズは?

証明写真をデータとして使う場合は、
あまりに大きすぎるサイズだと、
添付が開けなかったりと不具合が生じます。

5MB程度が望ましいです。

ファイル形式は、
JPG形式もしくはPNG形式にしましょう。

さいごに

いかがでしたか?

明るくさわやかな証明写真を
エントリーシートに添付して、

第一印象を良いものにしてくださいね!

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る