記事の詳細

Sponsored Link

就活の基本の服装ってどんな感じ?
どのどの業種の面接でも、
どの説明会でもOKな服装ってあるの?

ありますよ。

学校の制服のように
「どこへ行っても大丈夫!」という服装。

今回は、就活の服装!男性と女性の基本とは?についてご紹介します。

男性の基本の服装

男性の基本の服装は…

簡単に言うと、
スーツ+Yシャツ+ネクタイ+鞄+革靴+腕時計です。

よくビジネススーツの専門店で、
7点セット!なんてセットで売ってますよね。

あれが、最低限必要なものだったりします。

では、具体的に色や形は?

スーツ

色:黒・チャコールグレー・紺
形:リクルートスーツ

色は黒が無難です。

面接官の中には、
紺を好みとする人もいるようですが…。

形はシンプルなものを選び、
無地が良いでしょう。

どうしてもストライプなどの柄入りがいい!という人は、
布の織り方などで、ストライプに見えるモノを選びます。

自分の体のサイズにあったものを選びましょう。

Yシャツ

色:ホワイト
形:シンプルなもの

カラーシャツはダメなのか?

避けた方が良いでしょう。

ステッチにカラー糸をつかったものも出ていますが、
まずは白のシンプルなものを1枚持っておきましょう。

 

ネクタイ

色:華美でないもの
形:ビジネスに適したもの

ネクタイは、どんな色でも大丈夫ですが、
あまりに派手な柄や煌びやか過ぎる色は避けましょう。
これなら無難かな?と思うものがベストです。

カジュアルなジャケットに合うような素材のネクタイはNGです。

ビジネススーツに似合うネクタイを選びます。

鞄・革靴

色:黒
形:シンプルなもの

鞄も革靴も、黒が良いでしょう。
茶色を使う人も見かけますが、
カジュアルに見えてしまうかもしれません。
取りあえず、黒が無難です。

鞄の選び方は失敗しない就活面接のマナー:鞄(カバン)編の記事を読んでから選ぶとよいでしょう。

腕時計

色:シルバーのベルトOR黒の革ベルト+白黒シルバー紺などの文字盤
形:シンプルなもの

色・形共にシンプルなものが望ましいです。
スポーツウォッチやゴールドのベルトはNGです。

もっと詳しく腕時計の選び方を知りたい方は
就活での腕時計の必要性と選び方の基本を参考にしましょう。

女性の基本の服装

女性の服装の基本も、
スーツ+Yシャツ+鞄+革靴+腕時計 です。

男性に比べると女性は、
少し選べる幅が広く、
絶対ビジネスタイプ!ではなくても
使用できるものもあります。

スーツ

色:黒・チャコールグレー・グレー・紺・ベージュ
形:リクルートスーツ

5色色を上げましたが、
黒が無難です。

黒が嫌!という人はチャコールグレーを選びましょう。
パンツスーツ・スカートのスーツのどちらがよいか…

迷うところではありますが、
ジャケット+スカート+パンツの3点セットだと、
業種や、場所を選ばず活躍出来ます。

ボタンは2つボタンでも3つボタンでも大丈夫です。

自分の体型にあったものを選びましょう。

パンツの裾丈は、
パンプスに合わせて調節してもらいます。

スカートのスーツで、夏に生足、
冬に80デニールなどのタイツは、NGです。

夏でも肌色のストッキング、
冬は肌色又は黒のストッキングが基本です。

Yシャツ

色:白
形:ビジネスにふさわしいもの

スーツのインナーにカットソーと合わせるひとも居ますが、
できれば、白いYシャツが好ましいです。

タイがついたモノやリボンがついたものもありますが、
シンプルなものを1枚準備しましょう。

ボタンが首もとまでついているものは、
一番上までとめ、開襟タイプのものは、
胸元が開きすぎないか試着してみましょう。

夏は中はキャミソール!
にしたいところですが、NGです。

夏の面接の服装!女性のインナーやシャツ、パンツはこうしろ!の記事を参考にしてみましょう。

鞄・革靴

色:黒
形:シンプルでビジネスに適したもの

鞄は、キャンパスのものでも、革のものでも大丈夫ですが、
面接で座った時に椅子の横に独立して立つものがよいです。
荷物の多い人はマチが広いものを選びましょう。

革靴は、ヒールは3~5㎝のものを。
高くても7㎝までにしましょう。
就活は意外にも沢山歩きます。

途中で足が痛くなったり疲れが溜まらないように、
ヒールは低めのものを選びましょう。

腕時計

色:黒や茶の革ベルトORシルバーのベルト+落ち着いた色の文字盤
形:大きすぎないものでシンプルなもの

男性に比べて女性の腕時計は自由度が高く、
選べる幅も広いです。

しかし、あまりに華美なものはNGです。

ストーンが沢山ついているもの、
文字盤がピカピカ反射するもの、
スポーツウオッチ、
ゴールドに限りなく近いピンクゴールドは避けましょう。

もっと詳しく腕時計の選び方を知りたい方は
女性就活生の腕時計!おすすめのブランドや文字盤の色は?を参考にしましょう。

さいごに

いかがでしたか?

基本の就活スタイルは、
わかりましたでしょうか?

自分が採用担当者の立場だったらどう思うか?と、
考えてアイテムをセレクトしてみましょう!

このくらいなら大丈夫だよね!
と言う、甘えは禁物ですよ。

社会人になるのですから、
ビジネスに適しているかしっかり考えてみましょう!

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る