記事の詳細

Sponsored Link

エントリーシートに面接対策。
やることいっぱいだよ!とお嘆きの就活生のみなさん。

一般常識の勉強はお済みですか?
今回は、一般常識の勉強は就職活動に必要か?をご紹介します。

一般常識とは?

一般常識のとは、

文系ならば
国語
(熟語などの漢字の読み書きなど。
学校でさらりとしか習わない敬語も出題されます。)

社会
(歴史や経済など幅広い分野から出題されます。
時事も合わせて確認しておきましょう。)

英語
(忘れがちな文法も出題されます。
単語も復習しておきましょう。)

時事
(就活をくぐり抜けるには必ず必要な時事。
日々ニュースツールを使い更新しましょう。)

文化
(関心がなくても、
有名な作品と作者などは目を通して暗記しましょう)

 

理数系ならば
数学
(計算問題は確実に間違いなく正確に解きましょう)

理科
(公式など、思いだす意味も含めて復習します。
化学、生物など幅広い分野から出題されます)

などの要素も出題されます。

「学校で習った勉強でしょ?」
確かにそうです。

プラス時事問題や文化が出題されるので、
学生時代の勉強を忘れておらず、
毎日新聞やニュースを欠かさず見て頭に入っている!

人ならば、対策はほぼ不要かもしれませんが、
そんなことはないですよね…。

Sponsored Link

一般常識対策は必要?

対策は必要です。
対策は前もってしておいた方がよいと思います。

人によっては、
論文・面接・エントリーシート・SPIなどと比べ、
得意だという人もいるでしょう。

学生時代のテストに1番近いのが、一般常識です。

しかし逆に言えば、得意な人が多いのも事実です。

苦手な分野があれば、
勉強しておきましょう。

レベルは、中高生の学習です。

決して現役大学生にとって難しい問題ではありません。
しかし、忘れているのが事実です。

復習しておきましょう。

時事問題は面接や小論文などでも必要です。

社会に出れば、時事は知っていて当たり前なので、
新聞やニュースなど自分の関心のもてる部分からで大丈夫ですので、

毎日チェックしましょう。

少し前から注目を集めている分野や用語などは、
自分の言葉で説明出来るようにしておきましょう。

国語や英語などは社会に出てからも使います。

国語なら正しい漢字と敬語は必須です。
会社や部署によっては英語は必要とする場合も。

使う機会がないと、
忘れがちな国語の漢字と英語の単語。

「書けるつもり!」でも以外に忘れていたります。
読めても書けない所を復習しましょう。

社会は時事を知る上で歴史の知識が必要だったり、
地理や経済の知識を必要とする場合も。

新聞を読みながら掘り下げながら
復習しても良いでしょう。

無駄と思える知識かもしれませんが
社会人になってからも役に立ちます。

数学・理科は出題されない場合もありますが、
算数の様な計算問題は出題されます。

的確に間違いなく解答しましょう。
(1度で間違いなく回答する癖をつけましょう)

さいごに

いかがでしたか?

対策本で、復習するのが1番近道かもしれません。

「一般試験は通って当たり前!」
と思って復習・対策をしましょう。

書類選考を通ったのに
一般試験で落ちるのはもったいないです。

事前に対策すれば、
通過出来る可能性がグッと上がります。

確実に通過できる準備をしておきましょう。

一般試験の知識は、
無駄と思えるかもしれません。

でも、今まで小学校から大学まで
学生生活を送ってきた積み重ねを
就職活動の中で唯一ダイレクトに発揮出来る試験です。

苦手分野は放置しないでくださいね。

そして社会人になれば、
雑学の1つとして話のネタの1つとして、
時事や物事を深く理解するための基盤として役に立ちますよ。

あわせて読んでほしい記事

SPIは就活に必要あるの?
就活面接でよく聞かれる質問内容とその意図

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る