記事の詳細

Sponsored Link

就職活動を現在頑張っています!という学生さん達は、
周りが夏休みを明け、一段落して、
「内定でた~!」なんていう話もちらほら耳にするようになり、

「このままじゃマズイかも…」
「私はずっと、このまま内定がでないのでは?」など

不安に思うこともあるでしょう。

しかし、まだ、秋採用(後半)と冬採用・追加採用と
チャンスは残っています。

引き続き、就職活動に取り組みましょう!

こちらの記事も参考に【新卒の就職活動!秋採用の時期は?

秋採用とは?

秋に企業側が新卒採用を募集する求人です。

一説では、留学生が増えた現在、
帰国した留学生の採用を希望する企業が
採用活動を秋にするという話もありますし、

4月からの春の採用で、
確保しきれなかった人材を追加で確保する為に行うという説もあります。

どちらにせよ、企業側がどんな思惑で秋の採用をするにせよ、
採用する枠を、秋に設けてもらったことには変わりません。

企業によっては、年に3回、2回など定期的に採用を行う企業もあります。

チャンスをもらったことには変わりませんので、
希望企業には積極的に応募しましょう。

「エントリーシートの作成が大変だから」
「まだ就職活動はゆっくりでも大丈夫だよね」

なんて悠長なことは、思わないでください。

秋採用を過ぎると、冬採用・追加採用は募集企業・募集人数が
グッと少なくなることは間違いありません。

最後のチャンス!と思い全力で取り組みましょう。

時期は?

夏休み明け9月から11月くらいまでの間の募集を秋採用と呼びます。

既に、4月の春採用、7月からの夏採用を経ての秋採用になります。

応募する場合は、この試験はラストチャンス!
という気持ちで気合いを入れていきましょう。

どうしてか?

今後、冬採用・追加採用と試験はあるかもしれませんが、
希望する企業が冬・追加採用で募集するという確約はないからです。

Sponsored Link

難しい?

春採用に比べると、募集人数も募集企業も少ない傾向にあるため、
難しいと考えて間違いはなさそうです。

春採用は、みな就職活動解禁で、
面接や試験でポカミスも、少々なら許されたかもしれませんが、

秋採用となれば、募集人数もすくなければ、

春から就職活動に取り組む学生は、
自己分析から他社への採用活動の失敗からの
改善点模索などをしっかりとした上での試験となりますので、

今から、秋採用で就職活動を開始します!という人は、
気合いをしっかりいれてがんばりましょう。

服装に清潔感ある・礼儀作法(挨拶・お辞儀など)が
きっちり出来るなどは常識となってきます。

また、秋採用でもっとも、宿敵となるのが、
春・夏採用で既に内定をもらっているにも関わらず、

「もっと良い企業も挑戦したい」
「本命企業の採用が秋採用だった!」

などという、学生です。

彼らは他の企業が採用したい!と思わせる程の人材です。

もしブッキングした場合は、「無理だ…」とは思わず、
良い所は見習い、自分は自分の良い所を存分にアピール出来れば、
勝算は十分ありますので、臆せず頑張りましょう。

また、春夏や就職活動以外に、軸を置き頑張っていた!という学生も参戦します。
(そのための秋採用でもありますので)

留学帰り、資格取得、部活など、
他よりも頑張っていたことがあります!と、
自信をもって挑んでくる敵も沢山いますので、

自分をしっかり持ち、「自分なんか…」と弱気にならないように、
モチベーションを高く持ち続けることも勝因の1つとなります。

他の記事でも、何度も書かせてもらっていますが、
内定が出る人は、学歴でも資格でも実際ありません。

採用担当者や面接官に、
「こいつと、一緒に働きたいてみたいな!」
と思わせる人材です。

大学4年で今内定が無くてヤバイよ!心配だよ!という人は

こちらの記事も参考にしてください

大学4年生の9月に就活活動で内定なしがやるべきこと

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る