記事の詳細

Sponsored Link

就職活動の夏採用とは、そのまま「夏にする採用試験」です。
一般的な4月以前から4月にかけて行われる、春採用以降にエントリー・選考が行われます。

年々、企業数は増え、夏採用は就職活動する学生の春採用以降の内定獲得のもう一つのチャンスともいえるでしょう。

 

ha_334

夏採用とは

採用といえば、4月に行われ春採用ですが、
春以降、夏や秋に採用試験などを行う採用のことを「夏採用」といいます。

以前までは、新卒採用は、春の採用が一般的でしたが、現在は、夏採用をする企業が増えてきています。

その背景には、日本経済団体連合会が発表した「就職倫理憲章」で、
新卒の学生たちの採用選考の早期化を自粛するために、採用活動を4月1日からと、取り決めたもの。

一部上場企業などで、2008年度に895社がこの協定に賛同しており、
それによって、選考が、4月に集中しています。

しかし、その4月の集中した春採用で人材を確保しきれなかった企業が出ることにより、
夏採用をする企業が年々増加傾向にあります。

そして、現在は、春採用の他に、夏採用(秋採用を含む)を最初から予定として取り入れる企業も出ています。
春採用で、内定や自分の満足する内定先を見つけられなかった学生には嬉しい限りですね!

現在2015年の春以降の夏採用(秋冬採用を含む)を決めている企業は
・キャノン
・オリンパス
・サイバーエージェント
・日本IBM
・アイリスオーヤマ
・三越伊勢丹グループ
・トヨタ自動車
・高島屋
・TBSテレビ
・コクヨ
・野村不動産
・KDDI
・P&G

他です。

上記企業は一部は春にも採用を行い、夏採用(2回目採用)をおこなっている企業、
トヨタ自動車は3回目の募集も行っています。

まだ他にも沢山夏採用を行う企業はありますので、探してみてくださいね。

どういった企業が夏採用するの?

夏採用をする企業は、春の採用で人材を確保しきれなかった
または、欠員が相次ぎ夏採用で採用人数を追加で確保することが必要になったなど、企業ごとに違います。

また、今は、海外留学が増えたことのより、
海外への留学生が帰国シーズンに合わせて採用するという企業もあるようです。

春採用は留学中で就職活動が出来なかった留学生の帰国に合わせ、
留学生の確保の為、夏採用を行う企業が増加傾向にあります。

また、公務員や大学院の試験から、一般企業への就職活動へ切り替えた学生を確保したい。
と考える企業もあるようです。

でも、1つ通じていえるのは、
夏採用の時期に新卒の人材をきっちり確保しておきたいと思っているということは一律に言えます。

他の時期との違い

時期

まず、募集が違うのでエントリーや選考の時期も違います。
春採用は4月に選考を行いますが、夏採用は5月以降にエントリー・選考を行います。

Sponsored Link

募集企業・人数

春採用に比べると、募集企業は少なく、募集人数も少ないです。
その少ない、内定のチャンスを、沢山の就活中の学生で取り合うことになります。
春採用以上に難関と考えて良いでしょう。

春採用と夏採用では応募してくる学生の顔ぶれが違う!

春採用は、企業へ就職希望の学生で溢れていますが…

夏採用は、春採用で内定を獲得できず就職活動を続ける学生に加えて、
内々定を持っているがまだ良い企業があるはずと粘っている就活生
海外留学から帰国した学生
公務員試験や大学院からの試験から一般企業への就活に切り替えた学生

そして一番の敵といえるのが、
体育会系の部活を日々頑張っていた学生が部活を引退し就活を始めた学生です。

体育会系の学生は、やっぱり企業に人気なの?と思う人は、【こちら】の記事を参考にしてください。

面接内容

面接で聞かれることも、夏採用は少し違うようです。

「春採用やそれ以前の就職活動はどんなことをしてきたのか?」
「(2回目・3回目の選考企業なら)春採用のときなぜ採用に参加しなかったのか?」
など春採用には聞かれない質問も受けるようです。

夏採用にチャレンジするなら、受け答え出来るようにしておきましょう。

さいごに

夏に就活するあなたには、この夏採用でどれだけ企業にアタックできるかが、
内定獲得へのキーポイントになります。

はやく就職活動を終えたい(内定が欲しい!)と思って居る人。

内定は頂いた企業があるけれど、まだもっと自分にあう企業があるはず!と就職活動を続けている人。

春採用は参加できず、夏採用から就職活動を始めた人!
などいろいろいるかと思いますが、

春採用がダメったからと諦めず、夏採用も頑張ってください!

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る