記事の詳細

Sponsored Link

誰もは一度は入社してみたいと願う名の知れた大手企業

ですが、そんな大きな会社の中にもブラック企業が潜んでいるみたいです。
誰もが憧れる企業がブラック企業なんて考えられませんよね?

ですが、これが今の日本の現状です。
業績を残すため、会社を大きくするために不正雇用も厭わない。

それでは、体験談をご紹介していきたいと思います。

女性 28歳 erika

結婚を機に退社しましたが、6年ほど東京に本社のある大手不動産会社に勤務していました。

私が入社したころはまだ会社の知名度そのものは高くなかったのですが、
CMをどんどん流している時期で会社にとってはもっとも成長していた時期だと思います。

面接で訪れた大阪支店は大きくてとてもきれいで、
社員も若い人ばかりで「勢いのある会社なのだな」と思いました。

配属されたのは地方の方の支店で、私は営業でした。

仕事内容はシンプルに目標の数字まで契約を取り続けることですが、
ただ店頭に座っているだけでは当然契約が取れるわけでもなくて、
積極的に法人訪問をしなくてはなりませんでした。

ちょっとあやしい感じの会社にも私一人で飛び込んでお願いしたり、
契約するからこの店に来いという指定をされたこともあったし、

新人ゆえ契約数が店の中ではダントツに少なく、
上司から「数字取るためには体を張れ」と言われたこともありました。

また契約書類の不備をなくすために必要書類をそろえたり、
条件に見合う部屋を探すのも仕事ですが遠方だと土地勘がないため、
地図やネットで細かく周辺を調べなくてはいけませんし、お客様からのクレーム呼び出しも多く、

帰宅時間は0時を回ることもよくありました

月末に近づいてくると帰宅できずに、車中泊する同僚もいたほどです。
ですが残業代は月に何時間までと決まっており、それ以上の支給はありませんでした。

休みの日に呼び出されることもしょっちゅうだし、もちろんサービス出勤です。

休みそのものももらえずに長ければ10連勤、11連勤なども当たり前、
上司にどなられ客に怒られ、血尿や味覚異常を起こす社員はザラにいました。

新卒と中途は毎年千人くらい採用する会社でしたが、半数は1年以内に辞めていきました。
勤務期間の平均は3年ほどなので、私は長くいた部類に入ります。

私が辞めたのは結婚が理由です。
結婚するとこういった無理な働き方はできないから必要ない、ということで、辞めなければならないと言われました。東京に本社があり、全国に支店がある大き目の会社にも関わらず、産休や育休取得の実績はない会社でした。

社員を使い捨て、代わりはいくらでもいるという会社はまだまだ多いと思います。
でも中で働いている社員はごく普通の人が多いですし、その人たちに励まされることも多いです。

ここはブラックだった、「うわあ…」と思わずに、せめて1年はしがみついてみると、
社会人スキルもつきますが、精神的に鍛えられることは間違いないです。

Sponsored Link

年齢:29 性別:女 xxxさん

約3年勤めた某ブラック企業を退社して今年で5年。現在は主婦をしています。

入社したのはテレビCMも流れていた大手企業で、給与も一般的な額に比べてよく、
「パッと見」は、よさそうな企業でした。

入社してこれは違うだろうと思ったのは、
始業時間前の30分、昼食の休憩中15分、終業時間後の45分に毎日の定例業務があったことです。

終業後に関しては、タイムカードを押した後に仕事をさせられました。
毎日90分の定時間外の強制サービス業務です。

そのほか、昼食の休憩時はお客様からの電話が入るかもしれないから席を外してはいけない
(昼食は代表者が周りに注文を聞き、買い出しに出る)

慶弔休暇で1日休みたいと申請した社員には「午前休だけで十分でしょう。

1日取るなら、「あんたとはもう口を聞かない」という常務。
自分のダイエット飲料を作れという役員。

上層部がメチャクチャな人ばかりで、
「なぜこんな人のご機嫌を取るために仕事をしなければいけないんだ!」と思い退社しました。

この会社は、後に経営破綻しました。あの役員陣なので当然です。

企業は人で出来ています。
就職活動では、出会う社員・セミナー等で話している役員の生身の人柄を見てください

そして質問をしてみてください。
その時の反応から、その会社が信用できるか否かを感じ取れることもあります。

高いと感じる給与は疑問を持ってください。
もちろん根拠があればいいのです。

高い給与の先にツライ業務が待っているかもしれません。
(時に上記のような業務ではない、くだらない事までやらされる事なんて話もありますし)

年齢:25歳 性別:男 あらたさん

新卒で入社した会社がブラック企業でした。

学生時代は、就職超氷河期。

何がなんでも内定を!と思い、事務職希望でしたが、
営業職に切り替え、就職活動を行い、夏に内定が出て、ほっとしたのも束の間。

内定後、某巨大掲示板で検索すると出てくる悪評の数々

でもそれなりに、当時は、タレントを起用したCMを放送するなどし、
ある程度、大きく名の通った企業のため、『大丈夫だろう』と思っていました。

ですが入社してから待っていたのは、
まず研修所での洗脳教育のような先輩社員との延々と営業のロールプレイング、
大声での挨拶の練習。配属されたのは、教材を販売する訪問販売事業部。

入社直後は、OJTで先輩の営業についていき、
1ヶ月経過後は、一人で営業に行きましたが、契約が取れそうな地域は、先輩社員がまず取り、

新人に与えられる地域は、営業する相手がいないような過疎地域ばかり。

何よりも、訪問販売のため、お客様の家のドアをなんとか言いくるめて開けさせ、
家にあがりこみ、延々と説明して、無理やり高額な教材を契約させる、

というやり方に、良心の呵責が苛まれました

就業時間は、あってないようなもの。
朝8時に出勤し、午前様となる事もしばしば。

土日出勤も当たり前。

初任給は基本給20万円でしたが、
入社後に入社半年後から、基本給13万円+歩合給になるという事を知らされました。

営業成績が上がらず、どんどん辞めていく同期とともに
私も良い製品と思えない高額商品を無理やりお客様に売る方法に耐えられなくなり、

半年で去りました。

その後は、契約社員として、会社を転々としております。

“新卒は人生に一度きり”

某巨大掲示板の意見は、時には聞いておけば良かったと、
今となっては、取り返しのつかなくなった社会人人生に後悔しております。

新卒カードは大事に使ってください。

他の体験談を見る

ブラック企業の体験談一覧

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る