記事の詳細

Sponsored Link

今回は印刷業界に勤めて居た方からの本当にあった、ブラックな体験をお話します。

印刷業界は大変と聞きますが、この様な会社があるとは・・・
ヒドい現状ですね。

では、ご紹介して行きたいと思います。

体験談

年齢:24歳 性別:女 所花子さん

大学卒業後、中途採用で某印刷会社の子会社に勤めていたことがあります。
主にスーパーマーケットのチラシや食品のパンフレットなどを作っていました。

自分は以前から校正の仕事に興味があり、面接に行ったところ簡単なテストと社長面接を受けて即採用でした。

面接でも印刷会社のため勤務がハードになると説明を受けましたが、
初めの頃から残業はなく、残業代もちゃんと出るとのことでしたので了承しました。

入社して数日間は、定時に帰ることが出来ましたが、
一週間が過ぎたときに突如勤務地の異動を命じられ、慌てて定期券の払い戻しをしました。

新しい勤務先が地獄のように過酷でした。

異動一日目で、電話を出ようか少し戸惑った際に、
目の前にいた上司が「今から電話をワンコールで出ないと殺す」と脅迫してきたのです。

Sponsored Link

衝撃的でした。

それ以後、電話が鳴ったときはいつも動悸が激しくなり、
「自分がデスクを離れたときに鳴りませんように」と祈るように仕事をしていました。

採用されたとはいえ校正の仕事は全く初めてで、早く覚えないとまずい雰囲気でしたが、
直属の上司も三日三晩寝ずにパソコンと向き合っているような状態でしたので、かなり質問し辛かったです。

せいぜい電話やコピーを取ることしか出来ることがないのに、定時に帰るなんてもってのほか。

毎日早朝まで残業されられ、残業代の請求にも応じてもらえなかったので、

一ヶ月足らずで退職しました。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る