記事の詳細

Sponsored Link

現役の社会人で、繋がりのある先輩などに、話を聞く事が出来るOB訪問。

OBの先輩の職場の雰囲気や仕事内容を聞くことが出来るだけではなく、パイプ作りにもなります。

OB訪問を実現させるには、就職課にお願いしたり、
知り合いに紹介してもらったりと様々な方法を用いて、チャンスつかみましょう。

今回は、そんなOB訪問の夏の服装についてご紹介します。

男子の服装

基本的には、就職活動の一環を考えますが、OBは採用担当者でも、面接官でもないので、私服でも大丈夫です。
が・・・”常識の無い人“と思われたくなければ、就職活動の時の服装でOB訪問に望みましょう。

そうです。スーツが、社会人の制服でしたよね。

  • スーツの色はチャコールグレー・ブラック・紺が望ましいです。(薄いグレーは避けましょう)
  • ワイシャツは白が基本です。(派手な柄物は避けましょう)
  • 靴・ベルトは革。色はブラックが好ましく、靴は磨き整えましょう。
  • ネクタイは派手すぎなければ何色でも大丈夫です。

基本は、セミナーや面接ときと同じと考えてください。
しかし、夏だから、クールビズでいいよね?はやめましょう。

クールビスも会社事に考え方が違います。
ノーネクタイはOKの会社もあれば、チノパンポロシャツでOKの会社もあります。

自己流クールビズで訪問するのは失礼に当たるので避けましょう。

クールビズについても確認しておきましょう。

冒頭で、私服でも大丈夫と書きました。
実際学生で、制服はないのですから、私服でも大丈夫です。

スーツで行きたくない!又は行かない、行かなくて良いという場合は、オフィスカジュアルでいきましょう。

行かなくて良い場合ですが、OBの方から、私服できてと言われた場合。
OBがアパレル会社など、私服でのセンスを問われるような職業の場合などです。

私服で着てと言われた場合、デニム・パーカー・ハーフパンツ・サンダル・スニーカー・ポロシャツ・は避けましょう。

Sponsored Link

女性の服装

女性の場合も、男性の場合と同じで、私服でも大丈夫ですが、相手は社会人なので、男性同様に、スーツで行くことが望ましいです。

就職活動の時と同様の服装望みましょう。

  • スーツの色は、チャコールグレー・ブラック・紺など(夏だからとベージュやホワイト・淡いグレーは避けた方が良いです)
  • パンツスーツでもスカートでも可(タイトすぎるスカートはミニスカートは辞めましょう)
  • シャツは白(カットソーでもよいですが、ホワイトやブラックなど、落ち着いた色とし、華美な色は避けましょう)
  • パンストは肌の色に合った肌色のものを履きましょう(ブラックや柄の入ったものは望ましくないです)
  • 靴はブラックの革靴が望ましいです(サンダルなどは避け、光沢のある素材のものも望ましくないです)

男性同様、クールビズは辞めましょう。
こちらの記事も確認しておくと良いでしょう。

そして、先方から私服指定、私服を着てけない、着ていきたく無い場合は、
男性同様オフィスカジュアルで行きましょう。

私服で行く場合は、デニム・パーカー・ショートパンツ・ミニスカート・ポロシャツ・サンダル・ミュール・スニーカー・ノースリーブやキャミソール1枚で行くのは避けましょう。

OB訪問で注意したいこと

OB訪問での注意は、「相手は社会人であり、自分の為に貴重な時間を割いてくれている」ということを忘れないことです。

社会人は学生とは違う時間軸で生活していると考えた方が良いでしょう。
仕事以外の時間はとても貴重なものであり、その貴重な時間を自分に割いてくれているのです。

まずは、貴重な時間をくれたことに感謝しましょう。
そして、社会人と会うにあたり、ふさわしい服装・態度で臨みましょう。

将来の上司になる人かもしれませんし、取引先や同業者の先輩になるかもしれません。
謙虚」に、そして「誠実」「素直」に対応しましょう。

あくまで、スーツが望ましいと思いますが、男性にしても、女性にしても、私服で望む場合は、
インターンや説明会の時、服装自由で指定なしの場合】を参考にしてください。

会う前には、質問したいことをまとめ、必要があればメモを取りながら、お話を伺います。
その後、手紙やメールなどでの、お礼を忘れずにしましょう。

社会人のナマの声を聞ける貴重な機会です。
失礼の無いように、マナーはしっかりと守りながら、上手くOB訪問を利用しましょう。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る