記事の詳細

Sponsored Link

就職活動中のみなさん、ブラック企業とはどんな企業と認識していますか?

新卒で今から初めての職場に勤め、働こうとするみなさんは、
『ブラック企業は、残業代が支払われない会社離職率が高い会社勤務環境が劣悪』など、漠然と考えていませんか?

私の今から受けようとしている会社はブラック企業かな?と考えたことがありますか?
もっと危機感をもってブラック企業について考えてみましょう。

ブラック企業の定義

もともと、ブラック企業とは、暴力団などの反社会的集団と繋がりを持っていたり、
違法行為を従業員に強要する企業のことをさしていました。

現在もその様な企業が無くなったわけではなく、ブラック企業には間違いないのですが、

現在は、従業員を大量に採用し、過剰すぎる残業や過度のサービス残業などの違法労働によって、
使い潰された従業員が離職していく、または早期に退職に追い込むなどといった企業をさします。

ブラック企業で働いた従業員は、長時間労働し、残業代が支払われないサービス残業、汚い・きついなどの
劣悪な環境の職場で、私生活がなりたたなくなるような労働に見合わぬ安い賃金で働き、離職せざる得なくなる。

よってその企業で長期にわたって勤務することができない。

日本の古くからある終身雇用制度の考え方が微塵もない、従業員は会社が成長するため、
利益を得るための、使い捨てで良いと考える経営陣が経営する企業が殆どである。

Sponsored Link

ブラック企業はなぜ生まれる?

ブラック企業は、社長をはじめ経営主や管理職などが作り出しています。

企業のウラ経営方針ですね。
例えば、従業員を長年働かせると、年々勤続年数が長くなることに給与を上げなくてはなりません。

しかし、高い給与は払いたくない。

長年居てもらっては困ると社長や経営主が思うと、過剰なまでな残業や安い基本給でサービス残業をさせる。

など従業員が長年居たくない。やめたいと思う環境を作り上げるのです。
こうすることで、長年勤め上げる人材はかなり少なくなります。

他にも、長年勤めてもらうが、給与を上げず働かせる企業もあります。
残業は深夜まで、もちろんサービス残業でも従業員は辞めない。

これはなぜでしょう?

それは社長や管理職などが、採用時に、ただ文句も言わず、何も考えず働いてくれそうな人材を採用します。

そして、
「君は仕事ができないから高い給与は払えないよ(給与は上げられないよ)」
「うちでしか君は勤まらないね(うちで仕方ないから雇ってあげてる)」
といい、些細なことでも叱り、怒号をとばすのです。

すると、ここでしかやっていけない我慢して働こうと洗脳するのです。
深夜まで残業し、心身ともに疲れていれば、上司に、言われたことを鵜呑みにしてしまうのです。

ブラック企業をなくす、もしくは減らす方法は

今のところないかもしれません。なぜか?それはブラック企業でも「働く人」が存在するからです。

もしくは、ブラック企業と気づかず、感じず働き続ける人がいるからです。

そういった人材が1人もいなくなればブラック企業はなくなりますが、日本人外国人問わず、
ブラック企業でも頑張れる人材はいるので、減らないという現状です。

最後に

現在、ブラック企業は流行語になる程、流行っている言葉です。

安易にブラック企業と世間がはやしたてている企業が沢山あると筆者は考えています。

実際、経営陣は、「自分達が苦労して作り上げきた会社なのだから、今の若手も苦労して当たり前」
と思っていることも少なくありません。

そんな経営陣の企業に勤めてしまうと、入社したての新入社員は「この会社はブラック企業だった!」と感じても、
経営陣側はうちの会社はブラック企業ではない、新入社員の若手連中は考え方が甘い!

そうです、「これだから今時の若い者は!」と言われ兼ねないのです。

入社しようとしている会社が、ブラック企業なのか、入社前にしっかりの見極めが大切です。
そして、少々きついな辛いなと感じることがあっても頑張ろう!と働き続けられる企業に入社してくださいね。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る