記事の詳細

Sponsored Link

頑張れば頑張る人ほど、なるリスクが高くなるとも言える、

うつ病

しかし、うつ病の中でも、やっかいなのが、仕事を辞めたい!と思ってしまううつ病。
新型うつともとれるこの症状。

なりたくないですよね。私は(僕は)関係ない!と思ったあなた。

誰にでもなりうる可能性はあります。気をつけましょう。

仕事からくるうつ病の原因

パワハラやセクハラ

上司から、毎日のように怒号が飛び怒られる。
残業をしても絶対に終わらない程の仕事を与えられる。
人格を批判するようなひどい事をいわれる。
殴られるなどのパワハラを受けている。
または、上司や同僚からセクハラを受けている。

ことにより、仕事に対し、心身的や肉体的嫌がらせをうけ、うつ病に陥る人がいます。

大切な仕事で失敗

せっかくの大きな仕事での責任者を任されたのに、失敗。

自信を喪失したり、責任を問われてしまったり、
最悪の場合出世から遠のいてしまったり、降格や左遷されてしまったり。

仕事での大きな失敗は、自分を責めてしまうタイプの人はうつ病に陥りやすいです。

実力以上の地位への昇進

みんながみんな昇進を望んでいるわけではありません。

ずっと平社員のままで特別大きな責任をを問われるわけではなく、
上司に使われ働き続けたいと思う人もいます。

そんな人に、思いがけず、実力以上に高過ぎる昇進があった場合、
責任の重さや地位の高さがストレスやプレッシャーとなり、うつ病を招くこともあります。

左遷やリストラ

同僚が左遷やリストラにあった。などを発端に次は自分かもしれないと思うと、
仕事に対し不安を感じ、自分を追い詰め、左遷されたわけでも、リストラされたわけではないのにうつ病を発症する人

または、実際に左遷やリストラにあい、自分を責めうつ病になる人がいます。

研修や教育

新人な程、原因になりうるのが、教育や研修。

厳しすぎる研修や、課題が過度なまでに多すぎる研修で自信を喪失したり、
教育担当が厳しすぎるなどにより、仕事への熱が冷め、辛いと感じるようになり発症します。

新卒の年齢層だと「新型うつ」仕事中だけうつの症状が出て、
仕事以外は元気という症状もみられます

Sponsored Link

うつ病の疑いがある症状

・気分が落ちこんだまま
(やる気がでない・なにも手につかない)

・楽しさを味わえない
(いつも楽しむ趣味などで楽しさを感じれなくなった)

・過食・拒食
(過度似食べ過ぎたり、食欲がなくなり食べ物が喉を通らなくなることも)

・眠れない
(睡眠障害を呼ばれ、布団に入って目をつぶっても、1時間たっても2時間たっても眠れない日々が続きます)

・疲れやすい
(いつもと同じ生活を送っているのに、疲れが異常に溜まる。または休息をとっても疲れがとれない)

・集中力・注意力の低下
(ぼーっとしていたりと、集中できなくなり、注意力も低下します。仕事だけではなく、事故等への原因になることも)

・自分を責める
(少しの失敗や些細なことでも自分を必要以上に責めてしまいます)

・耳鳴り・頭痛
(会社へ行こうとすると頭痛が起きる、大切な会議の前だと耳鳴りで何も聞こえない程など)

・腹痛・吐き気
(会社のことを考えるとまたは会社へ出社すると、腹痛や吐き気などで仕事にならない程など)

・涙がでる
(ぼーっとしているだけなのに、涙が溢れるなど、感情コントロールが聞かなくなる場合があります)

・体の一部が機能しなくなる
(目が見えにくくなる・体が動かしにくくなるなど)

どの症状も、元々の性格や体質でなる場合もありますが、
今まではこんな風になることはなかったと思う場合は注意が必要です。

早期発見や治療をすることで、仕事を辞めたくなり退職してしまったり、
自殺したいと思うまたはしてしまうことを防ぐことが出来ます。

薬を服用したり、カウンセリングを受けることで軽減したり治癒する場合もありますので、
病院へ行きましょう。

さいごに

仕事を辞めたい病(うつ病)は、軽度なものから重度なものまで様々であり、
また、自覚症状を強く感じる人や全く感じない人まで様々です。

筆者は仕事で、片耳がある日聞こえなくなり、耳鼻科を受診、
そしてその後、片目が見えにくいと眼科を受診、視力矯正不可になり脳外科を受診、

どちらも原因不明でした

その頃、大きな成績を納めた後、翌月も同じ成績を求められ、過度にプレッシャーを感じて居たのでしょう。

上司が替わると嘘の様に治癒しました

自覚はなかったのですが、思い返せば疲れやすく、眠れない日々が続いていました。

パワハラを受けていた訳では無く、上司の期待に応えたい、もっとよい成果を出したいと
自分で自分にプレッシャーとかけたことが原因だったのだと思います。

些細なことで起こりうる仕事辞めたい病(うつ病)、
気持ちは常に明るくプラス思考でいることが鬱病の予防になる思います。

失敗しても「なんとかなるさ」の気持ちは、少しくらいは大切だと思いますよ。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る