記事の詳細

Sponsored Link

企業での面接、あなたはその企業に対してどんな印象を受けましたか?

「余裕だったよ~」「やばい無理だったかも」など、色々思いながら帰路につくかと思います。

もし「この会社ちょっと変かも…」と思ったあなた。その企業ブラック企業ではなかったですか?

今回は、ブラック企業の面接の特徴について紹介します。

面接からわかる特徴

・面接で開口1番に「いつからこれますか?」と聞く企業がヤバい

一次面接の開口一番がこれなら、ブラック企業の可能性が濃厚です
そして、「なるべくはやく、明日からでも」なんて、せかされるよならブラック企業と思っていいでしょう。

ブラック企業は人手が常時不足しているのです。

・面接で、採用担当者のみにも関わらずその場で「採用」と通知する企業がヤバい

一次面接で、採用担当者のみ(課長・部長・支店長・社長などの同席がない)にも関わらず、即日「採用」を通知された。

ブラック企業は、離職率が高く、人数を大量に確保したいのです、質より人数(量)を必要としています

・その場で「内定承諾書」にサインを求められたらヤバい

一次面接でその場で「内定承諾書」へのサインはおかしいと疑っていいでしょう。

もし一次面接で「内定承諾書」へのサインを求められた場合、迷いがあれば、「持ち帰ってサインし郵送させて頂きます」などと断りを入れ持ち帰り、一呼吸置き冷静に考えてからサインすることも重要です。仮に、「後日サインでしたら内定取り消しです」などと言われた場合は、明らかにおかしいので、内定をお断りする勇気を持ちましょう。

これは大手一流企業でもやっている会社があるようです。
3次や4次面接、または、面接後に採用担当者より「次は最終面接で、内定確定するかもしれません」などと事前連絡は別です。

・面接いい加減な企業がヤバい

あまりに、面接がいい加減な場合は、受験者の「質」を見る気がなく、形式上の「面接」しているかもしれません。

面接官に、「とりあえず、自己紹介してくれる?」と言われ、いざ話始めたら、頭をボリボリをかきながら、あくびをしながらまったく聞く姿勢のない面接は普通はありえません

・面接で上手いことしかいわない面接官がヤバい

もしも、受験者がイヤだなと思うことをひとつも言わず、上手いことばっかり言う面接官ならブラック企業かな?と疑ってみてください。仕事する上できついことや辛いことの1つや2つあるのは当たり前です。

ブラック企業は、採用の数をこなしているので、採用上手です、うまい話に踊らされてうっかり内定承諾しないでくださいね。

Sponsored Link

・面接なのに、感動的な成功体験のDVDを見せる企業がヤバい

面接前に、成功体験ばかりを詰め込んだDVDを見せ、受験者の気持ちを高ぶらせ、その気をさせた状態で、上記の「いつからこれますか?」やその場で「内定」を伝え、内定を承諾させやすくする手口もあるようです。面接は緊張して当たり前のものですが、内定の承諾などを迫られた場合は、冷静に応対しましょう。

・面接の中で話が二転三転する面接官はヤバい

企業への質問が出来る場面が必ずあると思います。採用担当者の回答が二転三転するようなら、怪しいと思った方がいいでしょう。その場限りの都合の良い嘘をついている可能性が高く、ブラック企業の可能性が大きいです。

・面接しているにも関わらず、会社内に怒号が聞こえる企業はヤバい

接している横の部屋から、怒号が聞こえ続けるならブラック企業かもしれません。内容にもよりますが、明らかに「ノルマ達成」を促していたりするようであれば、入社したらあなたも怒号を飛ばされる日々を送る覚悟が必要です。

・面接で会社を訪問したら、すれ違う社員がみな、覇気がなく疲れ切っている企業はヤバい

10人に挨拶したら1人は疲れ切っている人に遭遇することもあるでしょう。
でも、挨拶する人する人みな、疲れ切って覇気がないようならブラック企業かな?と要注意です。

もし、入社したら、あなたも日々疲れ切って覇気がない人になるということです。こわいですね。

・会社が汚い企業はヤバい

会社の廊下にほこりやごみが落ちていたり、壁に貼ってあるポスター一部が剥がれていたり、灰皿が置いてあれば灰皿は山もりなど、清掃がいつからされていないの?という廊下の会社は要注意です。

面接された部屋が綺麗でも、廊下をよく見てみてくださいね。

廊下の照明が暗いのは節電などの関係でよくあるので、暗い場合は気にしないで良いでしょう。

・会社の外観や中が企業HPや会社案内のパンフレットと明らかに違う企業がヤバい

建てたばかりに写真撮影したものをずっとHPやパンフレットに使い続ける企業もありますが、明らかに違う!と感じた場合は、ブラック企業?と疑っても良いかもしれません。

最後に

面接に限らず、会社見学にいった時も、この会社変だな、おかしいなと思ったら冷静な目で会社を見渡して見ましょう

自分はもし内定を頂いたらこの会社で働きたいか?と自問するのです。

汚い会社や、挨拶する人する人疲れ切っている会社では、働きたくないですよね。

ブラック企業かどうかを事前に察知するのは、実際会社に会社にいった時に察知するのが一番です。
企業HPや企業の会社案内のパンフレットでは察知しにくいです。

面接は緊張するでしょうが、おかしいと思った時の冷静な判断は忘れないでくださいね。

一緒に読みたい記事

ブラック企業の見分け方まとめ

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る