記事の詳細

Sponsored Link

就職に資格は有利か?
でも、どんな資格が有利なの?
資格なんてなくてもいいんじゃない?など色々なことを思う学生がいると思います。

今回は、資格は就職において有利か無意味かについて一緒に考えていきましょう。

有利か意味ないか

資格の種類によります。
自動車普通免許要の求人に、自動車普通免許をもっていなければ、不利になります。
最悪、就職試験自体、受ける権利を得れら無くなります。

大手ですと、TOEIC800点以上などいう条件をつけてくる、業種が存在します。

○○の資格保持必須の条件で求人してくる求人には、やはり、資格保持者は有利です。

また、部活も、サークルもゼミも大学時代おろそかにしていた。

しかし、TOEIC900点以上で英検1級保持者はどうでしょう?

自分を売り込む材料やPRの1つに、資格について話題に出来ます。
そうすれば、資格が有利ということになります。

資格とは一体なんの意味が?

学生時代、取得した資格は、
「学生時代こんな勉強しました」
「学生時代資格取得に取り組みました」
という、【証】が資格取得という形となって残ります。

部活の○○大会で優勝したなどと同じようにこんなことを取り組んだよ。
ということを簡単にまた、誤解なく相手に伝える手段の一つです。

また、「漢字検定1級保持しています。」
など、1のつくレベルまで私は努力することが出来ます!ということもあわせてアピールできますね。

実際の社会人として、職場に出て働いたときに、資格がすぐに役に立つか。
といわれると、役に立ちません。

知識にはなりますが、だから仕事が出来るかと言われると違います。
私は資格を保持していますから、即戦力になります。と思うのは失礼ですが、学生特有の勘違いです。

Sponsored Link

どんな場合は有利なのか

・TOEIC800点
・英検1級
・漢字検定1級
・日商簿記1級
・mos

などは、自力で勉強することの出来る上で有利な資格です。

その他には営業職などを希望する場合は、自動車普通免許も取得しておいたほうが良いでしょう。
(自動車普通免許は自分の身分証明書の1つにもなります)

自動車の整備をしたいなら、整備士。
料理の世界で頑張りたいないら、調理師など、介護の現場で頑張りたいなら看護師・介護士など。

その業界業界で、必要な資格があるはずです。

その業界やその仕事にあった資格を取得することが必要になり、有利になります。
逆に、その業界や職種に必要ない資格は、無意味なものとなります。

自分の希望する業界・職種に必要な資格を見極めて取得しておくことが、資格を有利にすることが出来ます。

さいごに

資格が就職に有利かといわれれば、有利だと思います。
逆に1つも資格を持っていなければ、履歴書の資格取得欄が空白になるからです。

実際に、就職に有利になるかは、希望する業界・職業・職種よって変わりますが、
持っていても腐るものではありませんし、不利になることもないと思います。

実際就職試験を受ける時に、その業種で保持している資格が不利になると思えば、
その資格は履歴書の資格取得欄に書かなければ良いだけの話です。

時間や費用などの面で可能なら、資格取得を1つでも多くしておいたほうが有利と思ってよいでしょう。

資格保持が就職試験の明暗を分けるか?といえばそうではないです。

この人と働いてみたいな」を面接官や採用担当者が感じた人が、内定を得られるのです。
極端に、資格取得にばかり、時間を傾ける必要はないと思います。

もしあなたが希望する職業や職種で、必要な資格を取得すれば有利となります。
逆に、公務員などを希望する場合は、資格取得よりも公務員試験の勉強に時間を割いたほうが良いです。

自分がどんな職業につきたくて、どんな将来を描いているかにあわせて、
資格取得を目指した方が良いでしょう。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る