記事の詳細

Sponsored Link

必死で頑張った就職活動。そして手にした内定。

しかし、「並行して受けていた他の企業から内定をいただいた。」や、「もっと自分を必要としてくれている企業があるのではないか?」などの理由で、内定を辞退するケースもあるかと思います。

それは仕方なのないことで、会社側もそういうこともあると想定の上で、採用人数などを調整しています。

とはいえ、内定を辞退される企業にしても大変な事に違いありません。

あなたに内定するまでに、企業側は、求人広告を打ったり、セミナーにブースを設けたり、沢山の学生と面接したり、連絡したり、と沢山の手間暇と労力、また経費を使っています。

そして、あなたが内定を辞退することにより、それが水の泡となるのです。必ず、誠意を持って内定辞退をしましょう。

71d4013922e298a59958d3f112f663dc_s

内定辞退は電話のみで平気?

出来るなら、電話より、直接出向くのが望ましいのですが、企業側にアポをとったり、採用担当者の予定を割いたりと、余計な手間となるのが実際のところです。

企業側は「去る者追わず」なので、電話連絡でも大丈夫です。また、メールで内定辞退をする人もいるでしょう。

その場合は、採用担当者や採用宛てのメールアドレスに送付するなら良いのですが、「電話をしたくない」「企業には出向きたくない」などという理由で、企業のお客様サービス窓口やお客様サポート、お客様問い合わせなどのアドレスにメールするのは辞めましょう。

あなたはお客様ではありません。

内定の通知がきたが、「自分は内定承諾をしていないから、連絡しなくてもいいや。」は絶対してはいけません

社会人として、ルール違反です。

いつその企業とビジネスパートナーとなるかわかりません。内定辞退を決めた時点ですぐに連絡しましょう。

Sponsored Link

電話での辞退の方法

電話で辞退する場合は、まず、採用担当者など、内定をいただいた企業の窓口となる人に連絡をします。
自分の名前、学校名を告げ、担当者につないでもらいましょう。

担当者に、まず、内定のお礼とあれば、直近でお世話になったことへのお礼をつげ、
辞退する旨、その理由を伝え、辞退することにより迷惑をかけることへ謝罪しましょう。

担当者から、詳しく辞退の理由など質問されるかもしれません。
企業側でも、今後内定辞退を1人でも減らす為の情報収集をしてくる可能性もあります。

誠意をもって正直に対応しましょう。

失礼のない理由

  • 違う会社から内定をいただき、そちらにお世話になることを決めた。
  • 進学することにした。

などですが、どんな理由であれ、本当の理由を嘘をつかずに話しましょう。

失礼にあたるのは、理由より、辞退する時の態度です。
その会社の悪口を行ったり、高飛車や横柄な態度をとるのは失礼です。

内定を辞退することが、企業に迷惑をかけ申し訳ないと、誠意をもって対応しましょう。

実際に電話を掛ける時の例文

58b74b3310d74da2410cececa55f4951_s

 「○○大学○○(名前)と申します。採用担当者の○○さんはいらっしゃいますか?」
採用担当者 「はい、○○です」
 「先日内定の通知を頂きました。○○大学の○○と申します。先日は、内定の通知を頂きありがとうございました。
大変ご迷惑をおかして申し訳ないのですが、今回、内定を辞退させて頂きたくご連絡させていただきました。」
採用担当者 「辞退の理由を教えて頂けますか?」
 「はい。身勝手で申し訳ないのですが、他の企業より、内定を頂きそちらにお世話になることに決めました。」
採用担当者 「そうですか、残念です。どの様な企業に?」
 「○○の業種の○○職です。」
採用担当者 「そうですか、わかりました。そちらで頑張ってくださいね。」
 「はい。ありがとうございます。頑張ります。この度は本当に申し訳ありませんでした。それでは失礼します。」

内容よりも誠意を持って対応する、正直に話すが大切です。

採用担当者も、「こちらが大変心苦しいなか辞退する」と伝われば、
今後もし何かの機会にお世話になったときでも、困る事はありません。

電話をかけた後、お詫び状を送ると尚良いでしょう。

内定辞退は、その企業への就職活動の最後のアプローチになります。
「辞退するからいいや」ではなく、最後まで丁寧に誠意を持って対応しましょう。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る